忍者ブログ

芸能ニュースまとめ2017

最新・最速の芸能ニュースをあなたにお届けします!

今までにない乃木坂が踊る!「ワンダーウーマン」イメージ曲のMV完成



今までにない乃木坂が踊る!「ワンダーウーマン」イメージ曲のMV完成

アイドルグループ、乃木坂46が公式アンバサダーを務める米映画「ワンダーウーマン」(パティ・ジェンキンス監督、日本は8月25日公開)の日本版書き下ろしイメージソング「女は一人じゃ眠れない」のミュージックビデオが完成し、同曲と「ワンダーウーマン」のコラボ衣装が25日、初披露された。

同映画は全世界で興行収入850億円を超える大ヒットを記録し、続編の製作も決定したばかり。イスラエル出身の女優、ガル・ガドット(32)が圧倒的な強さと美しさを誇る主人公、ワンダーウーマンを熱演する話題作だ。

同曲の衣装は、ワンダーウーマンのコスチュームカラーである赤と青を使用したクールなスタイル。スカートのウエスト部分にワンダーウーマンの「W」のマークが入ったコラボ衣装に身を包んだ白石麻衣(24)は「スカートはデニム生地を使っていて、今までの乃木坂46にはなかった力強さを感じます」とすっかり気に入った様子だ。

また、同曲の振り付けに胸の前で両手を交差させる“ワンダーウーマンポーズ”などを取り入れ、“強くて美しい戦う女性”を表現。西野七瀬(23)は「踊っていても、自分が自然と強くなっていく気がしてきました。今までの乃木坂46にはないダンスで、本当にうれしい」と喜んだ。

ミュージックビデオは26日正午から同映画と乃木坂46の公式サイトで公開される。


関連の限定アイテムはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓

PR

“巨乳すぎる”出口亜梨沙、グラビア初挑戦!“神スタイル”磨いた



“巨乳すぎる”出口亜梨沙、グラビア初挑戦!“神スタイル”磨いた

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に出演した女優でタレント、出口亜梨沙(24)が、24日発売の「週刊プレイボーイ」でグラビアに初挑戦。初々しいビキニ姿を披露している。

ネット上で“巨乳すぎる”と話題になっていることを受けてグラビアデビューが決定。6月末に千葉県で行った撮影では、さわやかな青空の下、1メートル60、B88(推定Fカップ)W59H83の均整ボディーをビキニ姿で披露した。

ダンスやジョギング、食事管理を行うなど“神スタイル”に磨きをかけて撮影に臨んだという出口。「初めは緊張しましたが、楽しそうな様子を撮影してもらえたので皆さんにもこの楽しさが伝われば」とPRしている。



関連の限定アイテムはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓


オフィス系アイドル「ハイモチ」、デビュー曲MV23日解禁!



オフィス系アイドル「ハイモチ」、デビュー曲MV23日解禁!

会社と同じように広報・営業活動を自ら行う4人組“オフィス系アイドル”、カプ式会社ハイパーモチベーションのデビュー曲「100%☆モチベーション」(8月15日発売)のミュージックビデオ(MV)が、23日に解禁される。

昨年2月に“設立(デビュー)”したハイモチは、ファンをカプ主(株主)に見立てて活動。握手会ならぬ“打ち合わせトーク”付きの“名刺交換会”を行うなど、ユニークな試みで話題だ。

MVは、ある事件がきっかけでハイモチのCDデビューに暗雲が立ちこめる内容で、お笑いコンビ、Hi-Hiがゲスト出演。製作費用をカプ主からクラウドファンディングで募っただけに、リーダーの西條美里(25)は「とても思い出深い大切なMVになりました」としみじみ。

Hi-Hiのボケ担当、上田浩二郎(43)は「今度は僕らのMVに出てほしい。全く曲とか出す予定はないですが…」とラブコールを送った。


関連の限定アイテムはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓


“レモン”NMB市川美織「たくさん水分とって光合成を頑張りたい」



“レモン”NMB市川美織「たくさん水分とって光合成を頑張りたい」

 NMB48のメンバー、市川美織(23)が21日、東京都内で行われた全国ふるさと甲子園尾道プロモーション大使就任式に出席。2014年に広島レモン大使に就任しており、レモンが特産品の尾道市のPRも担当することになり、「太陽の日を浴びて、たくさん水分とって光合成を頑張りたい。あとはここからどう搾っていくか、です」とレモンになりきっていた!?



関連の限定アイテムはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓


松本花奈、HKT新曲MVの監督に抜てき 「自然体な表情をたくさん切り取りました」



松本花奈、HKT新曲MVの監督に抜てき 「自然体な表情をたくさん切り取りました」

HKT48の新曲「キスは待つしかないのでしょうか?」(8月2日発売)のミュージックビデオ(MV)を、現役慶大生であり、女優や映像制作活動をする松本花奈(19)が監督を務めたことが17日、分かった。

松本はHKTの人気メンバー、宮脇咲良(19)と同い年で、AKBグループのミュージックビデオを手掛ける初の10代監督。同日公開されたMVは千葉・館山市、木更津内、富津市で、テ「疾走感」と「絆」をテーマに撮影。届きそうで届かない「君」への思いに悩むセンターの松岡はな(17)、それを影から応援する宮脇、メンバーの日常をカメラで切り取っていく指原莉乃(24)ら16人の選抜メンバーを描く。

松本は「HKT48さんからは非常に大きなエネルギーを感じます。16人のキュートで自然体な表情をたくさん切り取りました。恋をすると死ぬほどうれしくなったり、どうしようもなく些細な事でやるせなくなったりします。この最高のラブソングに、その理性では制限のできない思いを詰め込みたいと思いました」とコメントした。



関連の限定アイテムはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓