忍者ブログ

芸能ニュースまとめ2018

最新・最速の芸能ニュースをあなたにお届けします!

チームしゃちほこ秋本、フィギュア宇野は「“JUMP MAN”です」

チームしゃちほこ秋本、フィギュア宇野は「“JUMP MAN”です」

チームしゃちほこ秋本、フィギュア宇野は「“JUMP MAN”です」

ももいろクローバーZの妹分で、名古屋発の5人組、チームしゃちほこが28日、新曲「JUMP MAN」の発売を記念し、東京・渋谷109前でサプライズライブ。平昌五輪では、同じ名古屋市出身の宇野昌磨(20)がフィギュアスケートで銀メダルを獲得。同い年の秋本帆華(20)は「世界で活躍している姿を見て勇気をもらった。私たちにとっての“JUMP MAN”です」。



詳細はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

PR

百田夏菜子、カーリング体験を告白「もう一回やりたい」

百田夏菜子、カーリング体験を告白「もう一回やりたい」

百田夏菜子、カーリング体験を告白「もう一回やりたい」

ももいろクローバーZの百田夏菜子(23)が26日、大阪市内で日本語吹き替え版の声優を務めた米映画「ブラックパンサー」(3月1日公開)の試写会に出席した。 主人公(チャドウィック・ボーズマン、41)の妹で天才科学者役。ロケ地・韓国の完成披露イベントではボーズマンから「日本に僕の妹がいるなんて知らなかった。元気なイメージでピッタリだね」と声をかけられ、「力になった」という。 

ハリウッド“デビュー”にちなみ、ほかに挑戦したいことを聞かれると、以前のカーリング体験を告白。「普段は左利きでボールは右で投げるけど(ストーンは)どっちでもできなかった。やってみて難しさが実感としてあるから、平昌五輪の銅メダルはホントにすごいって思う。もう一回やりたい」と“そだね~ジャパン”に敬意を表した。



詳細はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中村静香が40枚目DVD発売イベント「体のラインがふんだんに出ている」

中村静香が40枚目DVD発売イベント「体のラインがふんだんに出ている」

中村静香が40枚目DVD発売イベント「体のラインがふんだんに出ている」

タレント、中村静香(29)が24日、東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で、40枚目のDVD「しずかに、そっと。」(エスデジタル、5184円)の発売イベントを行った。昨年10月に鹿児島・奄美大島で撮影した同作は飲み屋の若女将に思いを寄せる禁断の恋をテーマにした内容。「全身ピタピタのタートルネックやDVDでは着たことのないかっぽう着から水着への展開などセクシー満点。

体のラインがふんだんに出ている40枚目にふさわしい貴重な作品です」とアピールした。 平昌五輪の日本代表の活躍にも注目しており、「勇気をもらえています。選手の皆さん、4年間の頑張りが画面越しに伝わってきます」と笑顔。中でも66年ぶりに五輪連覇を達成したフィギュアスケート男子金メダルの羽生結弦(23)の演技に感銘を受けたそうで、「羽生選手にはドラマを感じました!」と興奮しきりだった。



詳細はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


欅坂46、「ドコモの学割」CMでキレのあるパフォーマンスを披露

欅坂46、「ドコモの学割」CMでキレのあるパフォーマンスを披露

欅坂46、「ドコモの学割」CMでキレのあるパフォーマンスを披露

アイドルグループ、欅坂46が、20日からオンエアされるNTTドコモの学生向け料金サービス「ドコモの学割」のCMに出演する。 同社のCMキャストである将棋の加藤一二三九段、俳優、堤真一が欅坂のライブを訪れるという設定で、メンバーが持ち前のキレのあるパフォーマンスを披露する。 

さらに、3月に開始される25歳以下の利用者向け特典「ハピチャン」のCM(26日オンエア)ででは演技し、俳優、綾野剛と共演。ともにCMソングとして、新曲「ガラスを割れ!」(3月7日発売)が起用される。

欅坂キャプテンの菅井友香は「ちょっぴりユニークなセリフもあり、とても楽しい撮影でした。『ガラスを割れ!』を初めてステージ上でパフォーマンスし、メンバー一同思いを込めて歌って踊りました」とコメントした。



詳細はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


つばきファクトリー初単独ライブで14曲熱唱!山岸は宮原にエール

つばきファクトリー初単独ライブで14曲熱唱!山岸は宮原にエール

つばきファクトリー初単独ライブで14曲熱唱!山岸は宮原にエール

昨年の日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞したハロー!プロジェクトの女性9人組、つばきファクトリーがデビュー丸1年を迎えた22日、東京・ディファ有明で初の単独公演を行った。 約1100人の大歓声の中、トリプルA面シングル「低温火傷/春恋歌/I Need You~夜空の観覧車~」の収録曲など14曲を熱唱。 サブリーダーの小片リサ(19)は「レコ大を見て私たちのことを好きになったという人が増えた。みんなスキルアップを目指して頑張りたい」と気合十分。リーダーの山岸理子(19)は、同年代で平昌五輪のフィギュアスケート女子でメダルを狙う宮原知子(19)に「自分を信じて超高いジャンプをして」とエールを送った。



詳細はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓