忍者ブログ

芸能ニュースまとめ2017

最新・最速の芸能ニュースをあなたにお届けします!

「デスノート2016」東出昌大ら若手実力派がスクリーンで頭脳戦!



 俳優、東出昌大(28)が、2006年の大ヒット映画「デスノート」の続編「デスノート2016」(佐藤信介監督、秋公開)に主演することが4日、分かった。
 藤原竜也(33)と松山ケンイチ(30)の共演で、名前を書いた人間を死なせることができる“デスノート”を巡った攻防を描いた06年版は、前後編で興行収入80億円を突破。その10年後を舞台にした今作は、原作漫画を手がけた大場つぐみ氏のアイデアを取り入れながら天才3人の手に汗握る頭脳戦を描くオリジナルストーリーだ。
 東出は警視庁内のデスノート対策本部特別チームのリーダー的存在である捜査官役。06年版に登場した世界的私立探偵、L(松山)の正統な後継者役に池松壮亮(25)、デスノートを持っていた夜神月(ライト)ことキラ(藤原)を崇拝するサイバーテロリスト役に菅田将暉(22)が決定した。
 前作を見ていたという東出は「その10年後を演じる意義やプレッシャーも感じますが、きっと池松くん、菅田くんと共演できたからこその物語になっていると思います」と続編に自信を見せた。
 昨年の連続ドラマ版(窪田正孝主演)も127カ国と地域で放送&配信が決定するなど世界的注目を集める「デスノート」だけに、早くも海外から配給オファーが殺到。若手実力派3人による“三つどもえの戦い”で再び“伝説”を作る!

>>詳細はこちら
PR

小栗旬、主演映画初日舞台あいさつ「長い旅が終わった気がする」



俳優、小栗旬(33)が23日、東京都内で行われた主演映画「信長協奏曲」(松山博昭監督)の初日舞台あいさつに参加した。
 2014年10月期に放送されたフジテレビ系連続ドラマの続編で、現代からタイムスリップした高校生のサブローが織田信長として生きる姿を描く時代劇。小栗は「2年近く、この作品と過ごしてきた。サブローの長い旅が終わった気がする」と感慨深げだ。
 信長の妻・帰蝶を演じた柴咲コウ(34)は、お勧めのシーンを聞かれ、「やはりサブローに『結婚式を挙げよう』といわれるところは、『いいな~』って思いました」と笑顔。
 舞台あいさつの最後には、大ヒットを祈願して鏡開きを実施。「よいしょ!!」の掛け声で酒だるのフタを割ると、柴咲、向井理(33)、Kis-My-Ft2の藤ケ谷太輔(28)らが次々と、小栗の持つ大金盃にひしゃくで酒を並々に注いだ。
 小栗は一気に飲もうとしたが、すぐに「これヤバイっすね。いってやろうと思ったんですけど、いったら2回目の舞台あいさつに立てなくなる」。苦笑しながらたるに酒を少し戻して笑わせた。

>>詳細はこちら