忍者ブログ

芸能ニュースまとめ2017

最新・最速の芸能ニュースをあなたにお届けします!

メジャーデビューのまねきケチャ「いいスタート切りたい」



メジャーデビューのまねきケチャ「いいスタート切りたい」

人気アイドルユニットのまねきケチャがメジャーデビューする。28日にデビューシングル『どうでもいいや/ありきたりな言葉で』をリリースして新しいステップを踏み出す。目標はオリコンウィークリーチャート3位、日本武道館、そして紅白歌合戦への出場。達成に向けて、新たなスタートを切る。

まねきケチャは、世界に福を招くために人間界に降り立った見習い天使。彼女たちに与えられた使命は、歌と踊りと笑顔で世界中の人を幸せにすることで、とてつもなく壮大なミッションだ。「いつか“見習い”は取れるの?」と尋ねると、顔を見合わせて「そのために今修行中なんです」。見習い天使たちの笑顔に、「頑張って!」という言葉が記者の口からするするっと出てきた。

28日にメジャーデビューシングル『どうでもいいや/ありきたりな言葉で』(ユニバーサルミュージック)をリリースする。

中川美優(以下、中川)「全国でCDが売られるようになって、私北海道出身なんですけど、お母さんにも自分が仕事をしているところを見せられるのはうれしいですね」

藤川千愛(以下、藤川)「私も、岡山にいる家族や友達に頑張ってるところをたくさん見せていきたいなと思います。それに私、ずっと歌手になるのが夢でしたし、ユニバーサルミュージックはあこがれのレコード会社。そこからCDを出せるのはすごくうれしいです」 

これまでも「歌と踊りと笑顔で世界中の人を幸せにする」使命を遂行してきたが、メジャーデビューで変化はある?

宮内凛(以下、宮内)「取材も増えたし、これからも増えると思うし(笑)、もっといろんな方に、まねきケチャを知ってもらえるのかなって感じはしています」

松下玲緒菜(以下、松下)「お仕事がすごい増えましたね。今までもリリースイベント期間中はわりと毎日忙しかったですけど……。でも暇よりも忙しいほうがうれしいです」




関連の限定アイテムはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓

PR

“黒船襲来”ハーフ美女・アンジェラ芽衣、26日「週刊プレ」でデビュー



“黒船襲来”ハーフ美女・アンジェラ芽衣、26日「週刊プレ」でデビュー

約10年前に席巻した米タレント、リア・ディゾン(30)以来の“黒船襲来”とグラビア界で話題の日本とフィリピンのハーフタレント、アンジェラ芽衣(20)が、26日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)でグラビアデビューする。

芽衣はタレント、加藤紗里(27)らが所属する芸能事務所、01familiaの関係者が3月、グラドルの卵を探すためネットサーフィンしていた際に芽衣のツイッターを発見。リア・ディゾンをほうふつとさせる妖艶な表情の写真にひとめぼれし、スカウトした。

「週プレ」では表紙に加え、7ページの巻頭グラビアに登場。今月上旬に沖縄で撮影され、1メートル72、B92W61H90のGカップ巨乳ボディーを初々しいビキニ姿などで披露。芽衣は「今はグラビアを頑張って、将来はモデルにも挑戦したいです」と目標を掲げている。



関連の限定アイテムはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓


18歳グラドルの鶴巻星奈が約1年半ぶりのDVDアピール 「大人になった私を出せた」



18歳グラドルの鶴巻星奈が約1年半ぶりのDVDアピール 「大人になった私を出せた」

グラビアアイドル、鶴巻星奈(18)が24日、東京都内でDVD「プリンセスオールスター」(ゼウス、4320円)の発売イベントを行った。

3月に高校を卒業し、すぐに沖縄・宮古島で撮影。前作から約1年半ぶりの作品とあって「大人になった私を出せたと思う」。1メートル62、B82W57H84のスレンダーボディーを制服コスプレで披露もしたが「感慨深いものがありましたね。高校を卒業したばかりだったので、もう現役じゃないんだなって」と感傷に浸った。


関連の限定アイテムはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓


アンジュルムが新曲イベント リーダー・和田、結婚宣言した須藤凜々花の質問に「人それぞれ」

 

アンジュルムが新曲イベント リーダー・和田、結婚宣言した須藤凜々花の質問に「人それぞれ」

ハロー!プロジェクトの女性9人組アイドル、アンジュルムが22日、東京・サンシャインシティ噴水広場で新曲「愛さえあればなんにもいらない/ナミダイロノケツイ/魔女っ子メグちゃん」の発売イベントを行った。
 同曲は20日付のオリコンデイリーチャートで初登場2位を記録するなど好調なスタート。前日21日には最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が歴代最多タイ28連勝を達成し、メンバーの笠原桃奈(13)は「卓球も同世代(張本智和選手、13)が活躍していますし、私も世界に名をとどろかせたい!」と刺激を受けた様子だ。
 ハロプロのリーダーを務める和田彩花(22)は結婚宣言をしてAKB48グループからの卒業を発表したNMB48、須藤凛々花(20)について報道陣から聞かれると「人それぞれなので、それはそれで良いと思います」と答えた。


関連の限定アイテムはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓


こぶしファクトリー井上、ガニ股歩きに苦戦!ベッキー復帰後初映画



こぶしファクトリー井上、ガニ股歩きに苦戦!ベッキー復帰後初映画

8人組アイドルグループ、こぶしファクトリーが19日、東京・丸の内TOEIで行われた主演映画「JKニンジャガールズ」(佐藤源太監督、7月17日公開)の完成試写会に出席した。

 忍者の末裔の女子高生4人と、忍者の末裔のオヤジ軍団、忍者オヤジーズに体を乗っ取られた女子高生4人の対決をコメディータッチで描く。

 グループとして初主演映画となり、浜浦彩乃(17)は「私たちなりにやりきりました」とにっこり。“オヤジ女子高生”を演じた井上玲音(15)は「ガニ股で歩くのに苦戦しました」とアイドルらしからぬ演技に奮闘した。

 忍者オヤジーズをまとめる鬼教官役のタレント、ベッキー(33)は昨年の不倫騒動を経て復帰後、初の映画出演。網タイツにロングブーツ姿でムチを持って登場し、「ムチでセットを壊してしまい、スタッフさんに謝りました」と苦笑。ベッキーの手下を演じた温水洋一(53)は「見下ろされる場面でゾクッとしました」と、ベッキーのドS演技を絶賛していた。



関連の限定アイテムはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓