忍者ブログ

芸能ニュースまとめ2017

最新・最速の芸能ニュースをあなたにお届けします!

もしかして…父とデュエット曲!? 朝日奈藍27歳グラビア“解禁”



もしかして…父とデュエット曲!? 朝日奈藍27歳グラビア“解禁”

カラオケデュエットの定番曲「もしかしてPARTII」で知られる歌手で作詞・作曲家、美樹克彦(68)の長女が、アイドルユニットのメンバーとして活動していることが3日、分かった。ソロ歌手デビューもした朝日奈藍(27)で、先月には初のDVDを発売しセクシーボディーを“解禁”。親子関係は公表していないが、父を超える歌手を目指し奮闘中だ。

甘く張りのある歌声で昭和世代を魅了してきた美樹。その娘も実は、芸能人と分かった。

藍は先月19日、ソロ初のイメージDVD「あい Colour」(アイドル発掘制作委員会、4104円)を発売。「自分の体で好きなくびれ(ウエスト)や趣味のコスプレにこだわって撮影しました」とPRし、しなやかな姿態で男性ファンをとりこにしている。

販売元の関係者によると、藍は美樹と3人目の妻の長女。大学時代に初舞台を踏み、4年前からグラビアアイドルに。昨年9月、千葉ロッテのイベントやライブ、ドラマにも出演するアイドルユニット「白星☆ウィクトーリア」のメンバーとなった。

ハスキーな歌声としなやかなセクシーボディーを武器に2015年、ソロ歌手としてもデビュー。「気が強そうに見えるが、性格は温和で素直。ファンに尽くすタイプです」と関係者は語る。芸能活動を始めて7年近くなるが、親の実績に頼りたくない思いが強く、父が美樹とは公表していない.

ただ、周囲には最近、「お父さんのことは今も尊敬しているし、努力していつの日か、お父さんのように実力も人気もある歌手になりたい」と胸中を吐露。周囲も今回のDVD発売を機に、その夢をこれまで以上に後押ししていく構えだ。

美樹から藍へ。離れてはいても、父から受け継いだDNAを花開かせることができるかどうか、注目される。



関連の限定アイテムはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓

PR