忍者ブログ

芸能ニュースまとめ2017

最新・最速の芸能ニュースをあなたにお届けします!

広瀬すず、写真集3万部重版!恋愛は「少女漫画に走っています」


17才のすずぼん。 [ 広瀬すず ]
 女優、広瀬すず(17)が26日、東京都内で2年ぶりのセカンド写真集「17才のすずぼん。」(集英社、1188円)の発売イベントを行った。
 昨年8月に米フロリダ州マイアミで撮影を敢行し、水着姿も披露。「マイアミは暑かった。17歳の今しか表現できないことをやらせていただいた」と充実の笑顔。3万5000部の初版は予約分を含めて発売日の19日に即完し、3万部の重版が決定。計6万5000部に「想像ができない」と目を丸くして照れた。
 恋愛願望については、「今はお仕事が楽しいので、少女漫画に走っています。高校生活のストーリーなんか読むと、こんなキラキラしてる?って。うらやましい」と乙女心を垣間見せた。

>>詳細はこちら


17才のすずぼん。 [ 広瀬すず ]

17才のすずぼん。 [ 広瀬すず ]
価格:1,188円(税込、送料込)

PR

有村架純、舞台あいさつにカメラマンで参加「ポーズ、お願いします」


K.A kimamani Arinomamani [ 有村架純 ]
女優、有村架純(23)が24日、東京都内で行われた出演映画「僕だけがいない街」の大ヒット舞台あいさつに出席。

カメラマンを志す役どころにちなみ、写真撮影にカメラマンとして参加。主演俳優、藤原竜也(33)や平川雄一朗監督(44)にレンズを向けて「ポーズ、お願いします」と注文しつつ、「ぼけちゃった…」とかわいらしいミスも。「『ああして、こうして』という、撮る側の気持ちが分かった」と実感。

>>詳細はこちら

林遣都、村川絵梨と濃厚な濡れ場に挑戦「抱き締めずにはいられない」



風のハルカ 感謝祭スペシャル [ 村川絵梨 ]
2005年のNHK連続テレビ小説「風のハルカ」のヒロインで知られる女優、村川絵梨(28)が、主演映画「花芯」(安藤尋監督、8月6日公開)で初ヌードに挑戦したことが24日、分かった。
 主人公の園子(村川)に裏切られ、嫉妬に苦しむ夫を演じるのは、林遣都(25)。林も劇中で村川と濃厚な濡れ場に挑戦。「奔放ではかなげな女性はこんなにも美しいものなのか。手を上げてしまいそうなほど憎たらしいけれど、抱き締めずにはいられない」と役になりきりアピール。安藤は「村川絵梨のむき出しの表現に未来を感じた」と女優魂に太鼓判を押した。村川は、もし園子と同じ境遇になったら?との質問に「絶対そっち(=不倫の恋)に行きます。我慢できない」とドッキリ発言?!

>>詳細はこちら

武田梨奈が女を武器にするキャバクラ嬢役「女性ってすごいなと思いました」


AngelRina [ 武田梨奈 ]
空手家で女優の武田梨奈(24)と俳優の村井良大(27)が22日、東京・新宿ピカデリーで行われたW主演映画「ドクムシ」(朝倉加葉子監督、4月9日公開)の完成披露試写会に出席した。
 廃校に監禁された男女7人が、生死をかけたサバイバルゲームを繰り広げる物語。
 女の武器で生存競争を生き抜くキャバクラ嬢役を演じた武田は「とにかく男性を誘惑していくシーンが多かったのですが、女性ってすごいなと思いました」と苦笑い。「撮影は早朝から深夜まで閉ざされた空間で、1週間まるまる日の光を浴びていない状況だった。感覚がおかしくなりました」と過酷な撮影を振り返った。
 大学生役を演じた村井は「その辺にいそうな普通の大学生で、いろんな人間に気持ちを揺さぶられてしまう弱いキャラクターだと思った」と役作りの苦労を語り、「見ていただいてゆっくりと答えを出して頂ければ」と呼びかけていた。

>>詳細はこちら

小芝風花が4月から教師役に初挑戦 今月高校を卒業したばかり


風の名前 [ 橋本雅司 ]
若手女優の小芝風花(18)が、4月スタートのフジテレビ系木曜劇場「早子先生、結婚するって本当ですか?」(木曜後10・0)で教師役に初挑戦することが15日、分かった。
 ドラマは、主演の松下奈緒が約30センチ髪を切り、34歳にしていまだ結婚を意識していない“女子力”ゼロの独身の小学校教師・立木早子(たつき・はやこ)を演じることで話題のヒューマン作品。
 小芝の連ドラ出演は「息もできない夏」(2012年7月期)以来、約3年半ぶり。役は新任の保健の先生、秋川莉々(あきかわ・りり)。一見おとなしそうに見えるが、実は結婚願望が非常に強い。結婚までの予定表も作成しているが、一旦恋に落ちてしまうと計画通りには行動できない乙女な一面もあるという設定。
 女優デビューから4年になるが、今月高校を卒業したばかりで初の教師役。「役でメガネをかけるのも初めて。少しオトナっぽく見えるようにしていきたい。先輩方から学ばせていただき、子供たちからは元気を吸収させてもらいます」と気合が入り、「今までの“婚活”をテーマにしたドラマと違って、主人公の早子先生にあせりがなく、どこか自然体。見てくださる人が共感しやすい作品だと思うので、ぜひ応援してください」とメッセージを寄せた。

>>詳細はこちら